FC2ブログ

股関節専門 増原クリニック ブログ

「サルコペニア」はご存知ですか?


「サルコペニア」という言葉をご存知でしょうか?

近年、テレビや新聞、雑誌などでも取り上げられることが増えてきましたので、
ご存知の方も多いかもしれません。

「サルコペニア(sarcopenia)」とは、もともと造語であり、
ギリシャ語で、
「サルコ(sarco)」は、筋肉の意味で、
「ペニア(penia)」は、減少や消失の意味であり、
1989年に「加齢による筋肉量の減少」を意味する用語として提唱されました。


そして、現在では加齢だけではなく、
活動量の低下によるもの、内臓疾患や炎症性疾患によるもの、栄養不足によるものなど、
様々な原因により筋肉量が減少し、
筋力の低下、身体機能の低下、生活の質(QOL)の低下をもたらすものとして知られています。

筋肉が減ってしまうと、バランスを崩して転びやすくなります。

さらに悪化すると、歩くこともできなくなり、立って家事や調理をすることも困難になってしまいます。


リハビリの先生に、「筋肉が減っていますよ」と指摘された患者さんは多いと思います。

股関節が痛むと、痛いほうの足をかばい、体重をかける時間や量が減るので筋肉が落ちてしまいます。

股関節の問題で、筋肉が落ちているのに、
サルコペニア?でさらに筋肉が減ってしまうと大変です。

注意すべき問題と言えます。

弱った筋肉



筋肉はどのようにして作られるか?

筋肉を作るのに大事なものは、「運動」と「タンパク質」です。

運動が減ってしまうと、筋肉も減ります。
タンパク質の摂取が減っても、筋肉は減ります。

いくら運動をしていても、タンパク質の摂取が足りていないと筋肉は作られません。
むしろ、タンパク質が不足していると運動により筋肉が減少するとも言われています。


つまり、この「サルコペニア(筋肉量の減少)」の原因は、大きく分けて2つあります。

1つが、運動不足。

もう1つが、栄養不足です。


運動不足のほうは、よく耳にするので分かりやすいですよね。
毎日の歩く時間、立って作業する時間が大切であり、
さらに健康のために何かトレーニングや体操、スポーツをされると尚更GOODです。

生活の中での活動量が低いと運動不足となり、筋肉量も徐々に減少していきます。



栄養不足というほうが、ピンとこない場合が多いかもしれません。
近年、血液検査から分かることが沢山増えてきています。
身体の中の栄養成分が何が足りていないのか細かく分かるようになりました。

毎日のお食事で栄養を摂取しますが、
そのバランスが悪かったり、食事量が少ないと身体の中の栄養が不足してしまいます。

栄養分の中でも、やはりタンパク質が重要です。

成人では、毎日体重1kgに対してタンパク質1gの摂取が必要であると言われています。

高齢者では、身体の中でタンパク質から筋肉が作られる機能が加齢に伴い低下しているため、
さらに多くのタンパク質を摂取する必要があるとされており、
毎日体重1kgに対してタンパク質を1.2g摂取することを推奨されています。

リハビリ患者やトレーニングにより筋肉量を増やしたいという方は、
毎日体重1kgに対してタンパク質を1.5g摂取するほうが良いとされています。

タンパク質推奨摂取量をまとめますと、以下のようになります。
成人: 1g/kg/日
高齢者: 1.2g/kg/日
リハビリ患者: 1.5g/kg/日


高齢になると、食も細くなり、あまり沢山食べられないという方もあると思います。
最近では、栄養補助食品としてタンパク質が多く含まれた飲料などが販売されています。
ご検討いただければと思います。


また悪性腫瘍などの内臓疾患や炎症性疾患によるサルコペニアでは、
タンパク質を多く摂取していても、身体の中で筋肉に合成されにくい状態にあります。
この場合でも、さらに多くのタンパク質を摂取することで筋肉量が改善したことが報告されております。


単純に食事によるタンパク質の摂取が不足している場合、より多くのタンパク質を摂取するように気を付ける。

加齢やその他の疾患によりタンパク質から筋肉が作られにくい状態の場合でも、より多くのタンパク質を摂取するように気を付ける。

どちらにしても、多くのタンパク質がの摂取が大切ということです。


一度、皆さまの普段の食生活でのタンパク質摂取量を計算してみてください。

栄養成分早見表
https://www.mealtime.jp/mealtime_shop/pdf/look02.pdf


タンパク質が不足している場合は、食事内容の見直しが必要かもしれません。


これまでは、筋肉を増やすためには「運動だ」と、言われてきましたが、

これからは「栄養」にも着目し、効率よく筋肉を増やす(減らさない)ようにしましょう。


「リハビリ栄養」という言葉も広まっています。

脳卒中や骨折などの入院期間中に、高たんぱくの栄養を摂取することで、
その後の機能回復が早くなったという研究報告も多くみられるようになっています。


股関節疾患の方々も同様に効果があると思われます。

特に手術後に筋力トレーニングをして、筋肉を取り戻す必要がある方。

ほとんどの方がそうですが、トレーニング(運動)だけでなく「栄養」にも注意してみましょう。


他人事?と思わずに、「サルコペニア」という言葉をテレビや新聞などで目にされたら、
じっくり見てみてくださいね。



スポンサーサイト

PageTop

インフルエンザにお気を付けください

インフルエンザが大流行しています。
皆さま、十分にご注意ください。

体調を崩されて、増原クリニックの診療の予約を変更されている方も増えております。
もし、体調が思わしくない場合は、遠慮なくご連絡いただければ予約の変更をいたします。


予防のためには、「手洗い」と「水分摂取」が良いようです。
こまめに両方を行なうことで予防の効果があります。

また、人工股関節の手術を受けられた患者さまに、よく聞かれますが、
インフルエンザと手術後の感染症とは関連はありません。
ご安心ください。

手術後の感染症は、注意すべき合併症の1つですが、
細菌による感染で起こるものであり、インフルエンザのようなウイルスでは発症しません。

また、手術後の感染症自体が1%以下のめずらしいもので、その多くが手術後すぐに発症します。
そのため手術を受けて退院され、お元気に過ごされておられる方々は、滅多にかかることはないとお考え下さい。

中には、感染症に非常に敏感になっておられる方もありますが、
体調が悪くなってから、すぐに病院で診療を受けていただくように気を付けておれば問題ありません。


インフルエンザの場合、手術後の感染症は大丈夫でも発熱や関節痛などにより、
全身の筋力が一時的に落ちてしまいます。

ふらっとなり、転倒される危険性もありますので、十分にご注意ください。
無理をせずに、ゆっくり休まれることが一番です。


皆さま、お気を付けくださいませ。

PageTop

股関節と自転車


普段の移動手段は何ですか?

移動手段というと、徒歩、自家用車、電車やバス、タクシーなど色々とありますが、
近所の移動には自転車を使うという方は多いのではないでしょうか。

増原クリニックに受診される患者様から自転車について尋ねられることも多々ありますので、
今回は股関節と自転車について考えてみたいと思います。

股関節と自転車



股関節にかかる負担は?

自転車をこぐ(ペダルを踏む)


自転車は、楽に移動できる乗り物ですが、こぐ際にはよく股関節を動かしているように見えます。
足全体を曲げ伸ばしするので、股関節だけでなく膝や足首も使います。

上り坂などは特に辛くて太ももが張りますよね…(;´д`)

股関節に最も負荷がかかるのは、ペダルが一番上の状態(股関節が一番曲がった状態)から踏みこむ時です。

スポーツタイプの自転車(ロードバイク)のようにかなり前かがみの姿勢になるものや、
乗り降りしやすいようにと座面(サドル)の高さをかなり低くしている場合などでは、
こぐ時に股関節の曲がりが大きくなり、関節の前側(そけい部)が圧迫を受け、痛くなることもありますので注意が必要です。

違和感を感じる方は、サドルの高さや姿勢を見直していただき、それでも痛みがあれば乗るのを控えた方がよいかもしれません。


股関節への負担が最も大きくなるタイミングでサポートしてくれるのが電動アシスト付自転車ですので、
「こぐのが辛い」「坂道が多い」という場合は、そういう自転車を選ぶのも負担軽減の一つ方法になるでしょう。

しかし実際には、街中で自転車に乗るのであれば、それほど股関節への負担は大きくはありません。


細かい理由は以下のことなどが挙げられます。

その1:自転車では歩行のように着地の際の衝撃が股関節に加わらない。
その2:サドルに座るので上半身の重みを股関節で支える必要がない。
その3:普通の自転車(いわゆるママチャリ)では、股関節がそれほど大きく曲がらない。
その4:座っているので歩行のように足が後ろに引き伸ばされることがない。

理由はともかく、実際に乗っている患者様が多いという事実も、負担の軽さを証明しています。

歩く時には股関節が痛くても、「自転車に乗る時は痛くないのでどこへ行くのも自転車です」とおっしゃる方も多いです。
買い物した後の重たい荷物を運ぶのにも便利ですしね…(^ ^)

ですから、自転車をこぐことについては、あまり股関節への負担を気になさらず乗っていただいても結構でしょう。


自転車と股関節




自転車への乗り降り


もう一つ股関節の負担になるのが、乗り降りですね。
自転車に乗る際には、片足を上げ、もう片方で支えます。

乗り降りの方法は人によって様々ですが、変形性股関節症などにより、股関節に痛みや動きの制限を生じてしまうと、
このまたぐという動作が難しくなる場合があります。

「手術をすると自転車に乗れない」と思われている方の中には、乗れなくなるのが嫌で手術を敬遠し、
無理な体勢で何とかして乗り降りされる方もおられるようですが、かえって転倒の恐れがあり危険です。

手術をしても決して乗れなくなるわけではありませんし、むしろ乗りやすくなると思われます。
ですから、そのような状況になる前に受診なさり、手術のことや自転車のことについても相談されることをお勧めします。

また、自転車の形や大きさなども様々ですので、よく検討し、乗り降りや運転が安全にできるものを選ぶようにしましょう。


人工股関節置換術後は自転車に乗ってもよい?

これはよく誤解されているなと感じます。
答えは「乗ってもよい」です。

人工股関節の手術を受けた方でも、以下のような条件を満たしていれば十分乗ることが可能です。

・悪くなる前や手術前まではよく乗っていた
・こぐことができるくらい股関節が曲がる(反対の足も含む)
・乗り降りが安全にできる

先に述べたように、普通の自転車(ママチャリ)に乗ることは股関節への負担は少なく、それは人工股関節であっても同様です。


問題はバランス面です。

手術した足の支えやバランスが十分でない場合、乗り降りや自転車を押すなどの操作中に転倒してしまう恐れがあります。

恐らく「手術後に自転車に乗れない」という言葉は、
 手術した足を大切に → 転んではダメ → 自転車は転びそうだから乗ってはダメ
という感じで広まったのかもしれません。

ですから、リハビリをしっかり行って、乗り降りに不安のない足の状態にしておくことが大切になります。
実際に能力のある人は、自己判断でどんどん乗っておられますが…(^_^;)


股関節バランス練習

増原クリニックでは、
 「手術した方を支えにして片足立ちができるか(姿勢のきれいさは問わない)」
というのを自転車を許可する際の判断材料にすることが多いです。

自転車に乗っている際には、とっさに地面に足をついたり、頻回に乗り降りしますので、ふらつくようでは心配です。

これは手術していない方にも当てはまります。

公道を走る上では、自分だけでなく周りにも注意する必要がありますので、
ある程度身体能力に余裕があるに越したことはありませんよね。

転ばないようにするため、杖や手すりなどの補助により予防することも大切ですが、同時に転ばない能力を身につけることも非常に重要な予防策になるのです。

やはり普段の運動(リハビリ)は大切ですね!


以上のように、股関節を手術している・していないに関わらず、安全に乗り降りさえできれば、
自転車は股関節に悪いものではなさそうです。


もちろん交通ルールを守って事故には十分気をつけてお乗りくださいませ。^ ^

自転車危ない




PageTop

靴下が簡単に履ける「更衣ベルト」のご紹介


靴下を履く道具

靴下を履くことに苦労しているという方に朗報です。

簡単に靴下やズボンを履くことができる便利な道具を開発しました。


「更衣ベルト」と呼びます。


簡単に靴下が履ける道具


股関節症を患うと、脚を動かすことができる範囲が狭くなり、

また経過が長くなると足先に手が届かなくなってしまわれる方もあります。


無理をして足を横にひねり、何とか靴下を履いている方も多いです。

足を抱えて履くと股関節が痛むと言われます。


無理な靴下の履き方





また、人工股関節の手術後すぐの時期は、
一時的ではありますが靴下を履くことに苦労します。

リハビリが進めばご自分で履くことができるようになるのですが、
それまでは 「ソックスエイド」という靴下を履く道具をお貸ししておりました。


ソックスエイド2

ソックスエイド4

このソックスエイドも便利なのですが、
くるぶしソックスのような短いタイプの靴下は履くことが難しいという難点があります。


靴下を履くことは毎日のことであり、その度にストレスを感じることは忍びないことです。


そこで、何とか簡単に靴下を履くことができる道具を作れないかと看護師さんたちが中心になって考え、

実際に介護用品の作成をされている業者さんと相談して、

「更衣ベルト」を作製いたしました。


股関節専門クリニックである増原クリニックならではの逸品です。


靴下が簡単に履ける更衣ベルト


日本製です。

膝を抱えこなくても、前かがみしなくても、
簡単に靴下が履けるように工夫してあります。

特許も出願中です。



使用方法は簡単です。

① 先のクリップを靴下の入口の部分に挟みます

靴下を簡単に履く


② 靴下の入口に足を入れます

更衣ベルト


③ そのまま更衣ベルトを引っ張って、足先を靴下の奥まで入れます

更衣ベルト


④ 靴下が履けたら更衣ベルトの手元のカネの輪っかを引っ張るとクリップが外れる仕組みです

更衣ベルト


更衣ベルト



1つ更衣ベルトを使用する上で、コツがあります。

靴下の入口の部分にクリップを留める位置です。

クリップの両方を真横より少し下の位置に留めると上手く履けます。

図のように、時計で言うと4時と8時くらいの位置です。


更衣ベルトのコツ


これならどのようなタイプの靴下でも簡単に履けます。

ストッキングでも大丈夫です。

下着やズボンでも履けます。


立ったまま着替えができず困っておられた方。

股関節ではなく、膝が曲がりにくい方でも便利かと思います。

また、脳卒中で片麻痺症状があり、片手で靴下が履きにくいという方。

体力が低下し、足先に手を伸ばすことが恐いという方。

今まで靴下を履くことに困っておられた方は一度お試しください。


増原クリニックでも¥2800(税込)にて販売しております。

お試し希望の方は見本もあります。


ご遠慮なく増原クリニックの受付(06-6358-0200)までお問い合わせください。


PageTop

坂道はつらいよ 。゚(゚´Д`゚)゚。


上り坂、つらくないですか?

変形性股関節症などで股関節に痛みや機能の低下があると、坂道を上がるのがつらく感じることがあります。

増原クリニックを受診される患者さんの中でも、そう訴える方は案外多く、
人によっては「階段よりも坂道の方がしんどい」とおっしゃる方もおられます。

「階段は脚に負担がかかりそう。」

「坂道の方がバリアフリーだから負担が軽そう。」
とお思いの方々。

あなどるなかれ。
たかが坂道、されど坂道。

居住環境により住宅の周りが坂ばかりという方も多くおられますので、
今回は坂道(上り坂)がなぜつらいのか、平地や階段とどう違うのかについて考えてみたいと思います。


上り坂は運動⁈

ずいぶんと前ですが、このブログでも階段の話をしました。

興味のある方はどうぞコチラ↓もご覧ください。
 階段の上がり降りとは:http://masuharacl.blog.fc2.com/blog-entry-168.html
 階段の上がり降りの方法:http://masuharacl.blog.fc2.com/blog-entry-169.html

上り坂は階段と同じく、今いる場所から上へと上がっていきます。
したがって、平地を歩くことに比べると、身体を持ち上げていく力が必要になり、
当然脚にも力が入りますし、ふうふう息が上がるように体力も使います。

そこは坂道でも階段でも共通しているところです。

ただ調べてみると、下の表に示すように上り坂を歩くことも結構な運動強度であることがわかります。


運動強度


いかがですか?

ちなみによく見かける車椅子用のスロープの最大勾配が約8%(1/12)ということですから、
1~5%というのは歩くのにはそれほど急な坂ではありません。

傾斜の程度(勾配)や歩く速さでも強度は変わりますが、階段を上るよりも高い運動になる可能性も十分あります。

したがって、脚や体力に問題がある方にとっては、つらい運動になることが容易に想像できます。



傾斜の影響

今度は坂道そのものについて考えてみます。

 “坂道は傾斜している”

実はこれがそもそもの問題です。

ウォーキング

階段


上の図をご覧ください。
平地でも階段でも足がつく部分は基本的に水平になっています。


坂道の負担

それに比べ坂道は足がつく部分が斜めになっています。

そうすると、足で地面をまっすぐ押す(踏ん張る)と、
地面からの反作用で進行方向とはやや反対向きに跳ね返される力(オレンジの矢印)が体にかかってきます。

ですから、坂道を上がる場合には身体を上に押し上げる力だけでなく、
後ろに落ちないよう前に行くための力が余分に必要ということになります。

これが、上り坂がつらくなる原因の一つです。



階段よりも坂道の方が長い

もう一つは、傾斜角度の問題です。

通常の階段と坂道を比べると、同じ高さまで上がるのに傾斜がずいぶんと違うことを経験します。
階段や歩道橋などのスロープなどがその良い例です。

坂道の場合、家の中の階段のように急な斜面では誰も上がれないため、傾斜角度はかなり緩やかに設定されています。

ということは、同じ高さまで上がる時でも、階段に比べ坂道は歩いている距離が増え、時間も余分にかかってしまいます。
もしかしたら、これも坂道がつらいと感じる一つの要因かもしれません。

例えば、ジワジワと長い坂を上がっていくよりも、階段があれば先に上がってしまい、
あとは平地を進むという方法も、つらさを軽減する上では有効な作戦ではないでしょうか。


研究


股関節にかかる負荷は高い⁈

過去の研究によると、階段では上りでも下りでも主に膝の負担が大きくなると報告されています。

そもそも歩行と階段とは身体の使い方が違うと言えるかもしれません。

一方、坂道の場合は、上りは股関節の負担が大きくなり、下りは膝の負担が大きくなるという結果が報告されています。

基本的に坂道の歩き方は、斜面がよっぽど急でない限り、見た目は平地を歩く時と似たような感じになります。

しかし、先ほど述べた坂道の特徴に対応するためには、
股関節の動きや周りの筋肉の働きがより必要となり、負担が大きくなるのだと思います。

また、傾斜に対応するのは足首の仕事でもあります。
足を出す際につま先が引っ掛からないように足首を起こし、
さらに滑らないように踏ん張りながら地面を押し身体を支えていますので、足首周りの筋肉も頑張る必要があります。

このように、見た目は普通に歩くように見えても脚全体が忙しく働いており、
それが持続的に繰り返されるため、印象よりもつらく感じるのかもしれません。


上り坂をどう攻略するか

上り坂は股関節に負担がかかるということがわかってきました。

では、どうしたらよいのでしょうか?

階段のように一歩ずつ揃えて歩くわけにはいきません。
自宅周辺が坂道の方は、避けては通れませんし…。

解決策としては、ありきたりではありますが、杖や手すりなどの補助具を使用することです。
ノルディックポールを山歩きのストックのように使うのも良いかもしれません。
脚の踏ん張りや前に進む力をサポートできれば楽になると思います。

杖をつくほどではないという方は、段の低い階段を上がる要領で、
あえて上半身をやや前傾させて少し重心(身体の中心)を前に持って行くよう意識すると良いかと思います。

少々足首の負担は増えるかもしれませんが、進みやすくなると考えられます。

上りは歩幅が大きくなりやすいため、歩幅は小さくと意識しておいた方が良いでしょう。

また、先ほども述べましたが、階段が楽であれば怖がらずにそちらを利用するのも一つの方法かもしれません。

なかなか良い対策を提案できませんが…(^_^;)
無理のない範囲で実践してみてください。


坂道がしんどいという方はご注意?!

上り坂を歩くのがつらい、しんどいという方。
ふうふう息切れするような場合は、脚の問題ではないかもしれませんが、
股関節が痛い、脚が重いと感じる方は股関節を傷めている可能性もあります。

環境はなかなか変えることができません。
今股関節が痛い方も、痛くない方も、ご自分の身体に無理がかかり過ぎていないか一度考えてみてはいかがでしょうか。


長文になり申し訳ございません。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。


参考文献
1) 国立健康・栄養研究所:改訂版『身体活動のメッツ(METs)表』, 2012
2)Brouwer et al. A Review of the Physical Demands of Stair Negotiation in Healthy Aging and Following Stroke. Phys Med Rehabil Int 2(7), 2015
3)AN Lay et al. The effects of sloped surfaces on locomotion: A kinematic and
kinetic analysis. J Biomech 39(9), 2006

PageTop