FC2ブログ

股関節専門 増原クリニック ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

背中の筋肉の柔軟性の改善方法


背中の筋肉の柔軟性?

あまり考えたことがないかもしれません。


でも、実際に「背中の筋肉の柔軟性と変形性股関節症の進行との関連性」が日本での研究報告により発表されています。


「からだが硬い」
と言いますが、よく行う「前屈」は主に太ももの裏側の筋肉の柔軟性のテストになります。


股関節のストレッチ



背中の筋肉とは?

背中には、下の図のようにたくさんの筋肉があり、
からだを前に曲げる、後ろに反らす、横に倒す、ひねるなど様々な動きを生み出すほかに、
姿勢を保つ(支える)役割があります。


背中の筋肉
図:背中の筋肉


参考までに、代表的な筋肉をいくつか挙げると、以下のようなものがあります。

① 広背筋(こうはいきん)
広背筋は、筋肉の部位で最も面積が広く、脇腹、脇の下あたりまである筋肉になります。
からだを横に倒す役割があります。

② 脊柱起立筋(せきちゅうきりつきん)
脊柱起立筋は、背中のもっとも長い筋肉で、背骨の両側についています。
からだを後ろに反らす、横に倒す役割があります。

③ 腹斜筋(ふくしゃきん)
お腹の横にある筋肉です。
からだを前に曲げる、横に倒す役割があります。

④ 腰方形筋(ようほうけいきん)
腰骨の両側にある筋肉です。後ろを広背筋、脊柱起立筋、腹斜筋におおわれています。
からだを横に倒す役割があります。


からだを曲げるといった動きの多くは、これらの筋肉が柔らかく伸び縮みすることで成り立っていますので、
当然筋肉が硬くなってしまうと、からだの動きにも支障をきたしてしまいます。

ですから、普段から簡単な体操(ストレッチ)により、筋肉の柔軟性を保っておくことが大切です。



では、まず自分の背中の筋肉がどれだけ硬いか?

チェックしてみましょう。


筋肉の硬さのチェック方法と、その硬さを治すためのストレッチの方法は同じです。

以下に示すストレッチの方法で、筋肉の硬さをチェックして、

左右差があったり、

「硬いな」、「伸びにくいな」、と感じる方は、

しっかりとストレッチをしていただければ良いかと思います。


しかし、人それぞれ筋肉の硬さは異なります。

また、くれぐれも痛みが出るくらいまで無理に動かさないように気をつけてください。

では、ストレッチ方法(硬さのチェック方法)を紹介していきます。


■お腹、背中の横を伸ばすストレッチです(主に腹斜筋)
上向きに寝た状態から両膝を立てます。
ゆっくり横に倒していきます。
横に倒したら力を抜きましょう。


回旋ストレッチ


■背中の後ろを伸ばすストレッチです(主に脊柱起立筋)
座った状態から猫背になるように、ゆっくり腰を丸めましょう。
元に戻す時には腰を反りすぎないように注意しましょう。

前後傾



■座って背中の横を伸ばすストレッチです(主に広背筋、腰方形筋)
伸ばしたい反対側へからだをゆっくり倒します。

側屈



■立って背中の横を伸ばすストレッチです(主に広背筋、腰方形筋)
伸ばしたい反対側へからだをゆっくり倒します。

立位側屈



ストレッチの時間の目安は、“1日概ね3分”です。

続けてではなくてよいので休憩しながら、ゆっくりおこなってください。

ストレッチの大切なところは、できるだけリラックスしてやることです。

痛いところまで無理してやる必要はありません。



いかがだったでしょうか?

左右の違いや、背中の筋肉の硬さなど感じられたでしょうか?


「硬いな」と感じる方は、ぜひストレッチをやってみてください。


これだけで変形性股関節症が予防できるというわけではありません。

背中の筋肉が硬いことも原因の1つとして考えられるということです。



スポンサーサイト

PageTop

増原クリニックは無事です


2018年 6月18日

大阪北部を震源地とした大きな地震が起きました。

皆さまご無事でしょうか?

被害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げます。


増原クリニックでは、エレベーターが一時使用できず、患者さまには大変ご迷惑をおかけしてしまいました。

多くの方からご心配いただきましたが、
幸いそれ以外の大きな被害はなく、6月19日より通常通りの診療を行っております。


不測の事態により、身体の負担が増えることもあるかと思います。
いつもと異なる作業があり、不安や疑問が出てくることもあるかもしれません。

その際は、遠慮なくご相談ください。


まだ余震が続いております。
お身体を大切に、くれぐれもお気をつけくださいませ。

PageTop

人工股関節の手術後1か月で仕事に復帰できますか?


「手術して1か月で仕事に行けるようになりますか?」

よく聞かれます。


近年は、男女や年齢を問わずお仕事をされている方が多く、
「手術」により入院して時間を空けることが難しい方も多いと思われます。

「手術」さえ受ければ、「パッ」と治ってお仕事に行けるとお考えの方もありますが、
なかなかそう上手くもいきません。

手術後1か月くらいでは、まだ傷の腫れがあり、痛みも出やすい時期です。

漸く歩くことに慣れてこられたくらいで、
家事やお仕事をするにしても1つずつ確認しながらになり、お時間がかかることが多いです。



デスクワーク


手術後すぐに復帰可能かは、
お仕事の内容によります。

デスクワークのみであれば問題ないでしょう。

一方、立ち仕事で歩く量が多いお仕事の方は、注意が必要です。

具体的には、教職、看護師、保育士、介護士など仕事での活動量が高く、また人を相手にするため、
ご自分のペースでお仕事ができない職業の方は早期の復帰により苦労されている印象です。

退院する際は痛みはほとんどなかったのに、退院後すぐに仕事復帰されてから再び痛くなってきたと仰る方もあります。

手術を受けたらすぐに治るというわけではなく、
まだ手術後1か月くらいでは、手術の傷の周りは完全に治癒が終わっていません。
(もちろん、皮膚の表面の傷は治っています。身体の中の筋肉の傷が完全には治ってはいません。)

その時期に過剰な負担をかけることは、創部の治癒を遅らせ、痛みを伴うことになります。

復帰してはダメということはありませんが、注意が必要です。




電車通勤


通勤方法も復帰の可否における重要なポイントです。

車通勤であれば問題ないと思います。

しかし、電車通勤で長時間立っている場合や歩行時間が長い場合、創部への負担が増え痛みが出る可能性があります。

それも覚悟で鎮痛剤を服用しながら仕事復帰される方もありますが、医学的にはあまりお勧めはできません。

リハビリなど術後の治療をしっかりと行ない、回復を待ってからお仕事へ復帰されることが肝要です。



どの病院も人工股関節の手術後の入院期間は短くなっています。
また、入院中しかリハビリを受けることができず、退院後の外来リハビリも通院できない病院が多いです。

手術後の退院の目安は、医学的な病状の安定と自宅での生活の自立です。

退院時に身の回りのことはできますが、
電車に乗って出かけたり、
人のお世話をしたり、
毎日何千歩も歩くことができるかどうか、
不安があります。

手術後早く(1~2週間)退院できたからといっても、すぐにお仕事に復帰できるとは限りません。


階段




当院では、リハビリの目標を仕事復帰や趣味・余暇活動への参加など「生活の質(Quality of Life: QOL)」に置いています。

手術後のまず最初の目標は、元の生活に早く戻ることでしょう。

そのためには「リハビリ」です。

適切なリハビリを、
集中的に、かつ、継続的に実施することで、
早く回復することができ、
早く元の生活に戻ることができます。

さらにリハビリを入院中にしっかりと受けておれば、退院後の痛みも出にくいです。

より快適な生活を送ることができます。


第一目標
お仕事や家事活動への復帰

第ニ目標
趣味・余暇活動への復帰・参加

第三目標
同年代と同じ体力へ(健康寿命の延伸)
新たな障がい予防


「家に帰れるようになること」に留まらないことが、
当院のリハビリの特色です。


入院中は、土日関係なく毎日リハビリをします。
1日2回リハビリをします。

これほど入院中にリハビリをする施設は、
世界でも他にはないと思います。

入院期間は4週間と他の病院に比べて長いですが、
回復が遅いためではなく、
手術後の大切な時期に集中的にリハビリを受けてもらう期間を作るためです。

そのほうが手術後に同じ1か月でも回復が早いと考えます。


また、退院後も外来通院によりリハビリを継続し、早期のお仕事への復帰を支援します。


手術後の仕事復帰を早めるために、手術前からリハビリも開始します。


お仕事に穴を開けることは気が引けますが、退職するまで頑張れるか?
不安があります。

そのような方はいつでもご相談ください。

現状を把握することで将来設計の目処が立つでしょう。


股関節に痛みがありながらお仕事に、家事に、子育てに、奮闘されておられる方。

あまり無理をされると、
股関節の状態が悪化する危険性があります。

まずはご自分の身体のことを考えましょう。

身体のことは何でも早め早めの行動が大切です。

後になって後悔しないように、
ふと冷静になってご自分の人生を考えてみてください。


股関節の症状で悩まれておられる方をお一人でも減らすことができるように、
多方面から治療方法や治療時期を考えて、
ご相談に乗らせていただきます。



PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。