FC2ブログ

股関節専門 増原クリニック ブログ

宿題していますか?


夏休みの宿題

宿題していますか?


夏休みもあと少し。

夏休みと言えば、楽しいことばかりではなく、

たくさん宿題がありますね。

ドリルに日記、ポスター、習字、自由研究、読書感想文などなど。


宿題に追われている学生さん(ご両親?)が多いかもしれません。


股関節のリハビリにも「宿題」があります。

当院でのリハビリ受けられた方には、必ずと言って良いほど宿題をお出しします。


現状で抱えておられる身体の問題を解決するための「宿題」です。


1度や2度リハビリでの治療や指導を受けただけで、身体の全ての問題が解決することはほとんどありません。

または、股関節の手術を受けても、股関節の周りの筋肉の問題は山積み、未解決のままです。

手術を受けて股関節は治りましたが、脚の筋力や柔軟性、歩き方などはリハビリの宿題をしないと完全に治るということはありません。

確かに宿題をしなくても自然と良くなるということありますが、その改善の度合いは少しだけ。

ご自宅にてコツコツと宿題をしていただくことで、全ての問題を解決することができます。


真面目に宿題をされている方は、本当に改善が早いです。

反対に、宿題をしていない方は、改善が伸び悩み、、、なかなか治りません。


お忙しい生活の中で、宿題を続けることは難しいかもしれませんが、
やるかやらないかで、結果はハッキリと現れます。


ご自分の身体のためを考えて、宿題続けてくださいね。


続けるコツは、日課にしてしまうことです。

毎日、時間を決めて、出された宿題をする。

日常生活の中に、上手く取り入れられておられる人ほど、宿題を続けることができておられます。


あまり1回1回で欲を出さないことも重要かもしれません。

宿題を1回、2回しただけで、すぐに効果は出ません。
そこで諦めてしまうと終わりです。

1か月、またはそれ以上続けないと解決しない問題も多いです。

長い目で見て、コツコツと続けることで、そのうち効果を実感することができるでしょう。



さて、今日の宿題はもう終わりましたか?

スポンサーサイト

PageTop

毎日の動きのヒミツ

毎日の生活のなかで
1日に60回も繰り返すことは?
と尋ねられれば
何を思い浮かべるでしょうか?

実は、私たちは
1日に60回あまり、
立ったり座ったりを繰り返しているそうです。
昨日も、そして今日も。

立ち上がり動作は
そのくらい私たちの生活に密着した、
欠かせない動作の一つなのです。


立ち座り



さて、今回ご紹介するのは
その立ち上がり動作についての研究報告です。


手術をして1年を経過した患者様と
手術を経験していない健脚な方々の
立ち上がり動作を比較してみました。

細かく言えば
椅子から立ち上がるときに
“足が地面をける強さ”を
特別な測定装置を使って、比べてみました。

地面をける強さが
左右の足で違うのか?

左右の足が
同時に地面をけるのか?


普段、私たちは
そんなことを意識したり注意したりして
椅子から立ち上がることは
ありませんよね。


調べた結果、
手術をして1年を経過した患者様と
健脚な方々では
“違う!”
ということが明らかになりました。


一体何が違うのでしょう?

まず、地面をける強さが
健脚な方々は
左右の足が同じぐらいの強さで地面をけるのに対して、

手術後の患者様は
手術した側の足のけりが弱いということです。

さらに、一番強く地面をけるタイミングが
健脚な方々は左右ほぼ同時であるのに対して、

手術後の患者様は左右でズレるということです。


整理しますと、
健脚な方々は
椅子から立ち上がる時に
左右の足が、
同じくらいの強さで地面をけり、
同じタイミングで強く地面をけるのです。

つまり、左右対称なイメージです。

それに対して
手術をされた患者様は
1年を経過した段階でも
手術した側の足では地面のけり方が弱く
強く地面をけるタイミングが、左右の足でバラバラなのです。

つまり、左右のバランスが良くないイメージです。


この左右のバランスの違いが
何か身体に不具合をきたすとか、
歩き方に影響するとか、
そのあたりはこの研究では明らかではありません。

しかしながら、
毎日、何度も繰り返す動作のなかで
身体をバランスよく使うことが大切であるというのは
想像に易しいかと思います。

手術を受ける何年も前から、
左右の足を
“良い方” と “悪い方”
“痛い方” と “痛くない方”
などと名付けて生活してきた習慣が
根強く刷り込まれているのかもしれません。

スポーツ選手は
より速く走るために、より遠へボールを投げるために
洗練されたフォームを研究します。

歩いたり、立ち上がったりという日常動作にも
共通する部分があって、
より効率良く動けるフォームを身に付けることが
理想的であると考えます。



この研究報告は
増原クリニックが発表したものです。


人工股関節術後の左右差



■参考文献
N, Miura et al. Asymmetrical loading during sit-to-stand movement in patients 1 year after total hip arthroplasty. Clinical Biomechanics. 2018

PageTop