< 前の記事へ Blog Top 次の記事へ >
第5回日本運動器理学療法学会学術集会への参加
2017年09月13日11:57

秋の学会の季節がやって参りました。


9月は運動器理学療法学会があります。

9月23日・24日に北海道の札幌で開かれます。
日本運動器理学療法学会ホームページ


「運動器理学療法」とは、
分かりやすく言えば、整形外科で扱う疾患のための理学療法です。

股関節だけでなく膝や肩や腰などに問題があり、リハビリされておられる方の経過報告や

リハビリのための基礎的な研究を報告します。


そこから日々の患者様の治療の参考にすることができます。



増原クリニックからも2名の理学療法士が参加します。

今回、我々が発表させていただく内容は、

「変形性股関節症患者に対するフォームローラーを用いた保存療法の効果」

について生友が発表します。


「片側末期変形性股関節症患者の足部形態について」

岡村が発表します。



フォームローラー


お尻の筋肉のローラーマッサージ


変形性股関節症を予防する方法、変形の進行を防止する方法、

股関節の痛みを治す方法については、

現代の医療ではまだ確立されているとは言えません。


我々は長年、この股関節の治療に関わる中で、

少しずつ手応えを感じつつあります。


人により適応・不適応はもちろんありますが、
このフォームローラーを用いた保存療法により、

股関節の痛みが改善する一定の効果を得ております。

その成果について学会にて報告してまいります。



股関節に良いインソール

このオーダーメイドインソールも我々の強みです。

足元から身体を整えるということは非常に大切です。


そのインソールの必要性や効果を確認する基礎となる研究を進めております。


股関節症患者さんの足のカタチについてお一人お一人確認させていただき、
その特徴をまとめました。


意外な結果と思われるような非常に興味深い研究になっております。


ご興味のある方は、こちらから学会発表の抄録を確認できます。
日本運動器理学療法学会抄録


では、北海道にて成果を報告して参ります。


また、参加報告を後日いたしますので、お楽しみに。




カテゴリ : 学会参加

コメント : 0 / トラックバック : 0

トラックバックURL http://masuharacl.blog.fc2.com/tb.php/219-cc9d504f
< 前の記事へ Blog Top 次の記事へ >
コメントを見る
コメントを書く
トラックバック