股関節専門 増原クリニック ブログ

靴下が簡単に履ける「更衣ベルト」のご紹介


靴下を履く道具

靴下を履くことに苦労しているという方に朗報です。

簡単に靴下やズボンを履くことができる便利な道具を開発しました。


「更衣ベルト」と呼びます。


簡単に靴下が履ける道具


股関節症を患うと、脚を動かすことができる範囲が狭くなり、

また経過が長くなると足先に手が届かなくなってしまわれる方もあります。


無理をして足を横にひねり、何とか靴下を履いている方も多いです。

足を抱えて履くと股関節が痛むと言われます。


無理な靴下の履き方





また、人工股関節の手術後すぐの時期は、
一時的ではありますが靴下を履くことに苦労します。

リハビリが進めばご自分で履くことができるようになるのですが、
それまでは 「ソックスエイド」という靴下を履く道具をお貸ししておりました。


ソックスエイド2

ソックスエイド4

このソックスエイドも便利なのですが、
くるぶしソックスのような短いタイプの靴下は履くことが難しいという難点があります。


靴下を履くことは毎日のことであり、その度にストレスを感じることは忍びないことです。


そこで、何とか簡単に靴下を履くことができる道具を作れないかと看護師さんたちが中心になって考え、

実際に介護用品の作成をされている業者さんと相談して、

「更衣ベルト」を作製いたしました。


股関節専門クリニックである増原クリニックならではの逸品です。


靴下が簡単に履ける更衣ベルト


日本製です。

膝を抱えこなくても、前かがみしなくても、
簡単に靴下が履けるように工夫してあります。

特許も出願中です。



使用方法は簡単です。

① 先のクリップを靴下の入口の部分に挟みます

靴下を簡単に履く


② 靴下の入口に足を入れます

更衣ベルト


③ そのまま更衣ベルトを引っ張って、足先を靴下の奥まで入れます

更衣ベルト


④ 靴下が履けたら更衣ベルトの手元のカネの輪っかを引っ張るとクリップが外れる仕組みです

更衣ベルト


更衣ベルト



1つ更衣ベルトを使用する上で、コツがあります。

靴下の入口の部分にクリップを留める位置です。

クリップの両方を真横より少し下の位置に留めると上手く履けます。

図のように、時計で言うと4時と8時くらいの位置です。


更衣ベルトのコツ


これならどのようなタイプの靴下でも簡単に履けます。

ストッキングでも大丈夫です。

下着やズボンでも履けます。


立ったまま着替えができず困っておられた方。

股関節ではなく、膝が曲がりにくい方でも便利かと思います。

また、脳卒中で片麻痺症状があり、片手で靴下が履きにくいという方。

体力が低下し、足先に手を伸ばすことが恐いという方。

今まで靴下を履くことに困っておられた方は一度お試しください。


増原クリニックでも¥2800(税込)にて販売しております。

お試し希望の方は見本もあります。


ご遠慮なく増原クリニックの受付(06-6358-0200)までお問い合わせください。


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する