股関節専門 増原クリニック ブログ

背中の筋肉の柔軟性の改善方法


背中の筋肉の柔軟性?

あまり考えたことがないかもしれません。


でも、実際に「背中の筋肉の柔軟性と変形性股関節症の進行との関連性」が日本での研究報告により発表されています。


「からだが硬い」
と言いますが、よく行う「前屈」は主に太ももの裏側の筋肉の柔軟性のテストになります。


股関節のストレッチ



背中の筋肉とは?

背中には、下の図のようにたくさんの筋肉があり、
からだを前に曲げる、後ろに反らす、横に倒す、ひねるなど様々な動きを生み出すほかに、
姿勢を保つ(支える)役割があります。


背中の筋肉
図:背中の筋肉


参考までに、代表的な筋肉をいくつか挙げると、以下のようなものがあります。

① 広背筋(こうはいきん)
広背筋は、筋肉の部位で最も面積が広く、脇腹、脇の下あたりまである筋肉になります。
からだを横に倒す役割があります。

② 脊柱起立筋(せきちゅうきりつきん)
脊柱起立筋は、背中のもっとも長い筋肉で、背骨の両側についています。
からだを後ろに反らす、横に倒す役割があります。

③ 腹斜筋(ふくしゃきん)
お腹の横にある筋肉です。
からだを前に曲げる、横に倒す役割があります。

④ 腰方形筋(ようほうけいきん)
腰骨の両側にある筋肉です。後ろを広背筋、脊柱起立筋、腹斜筋におおわれています。
からだを横に倒す役割があります。


からだを曲げるといった動きの多くは、これらの筋肉が柔らかく伸び縮みすることで成り立っていますので、
当然筋肉が硬くなってしまうと、からだの動きにも支障をきたしてしまいます。

ですから、普段から簡単な体操(ストレッチ)により、筋肉の柔軟性を保っておくことが大切です。



では、まず自分の背中の筋肉がどれだけ硬いか?

チェックしてみましょう。


筋肉の硬さのチェック方法と、その硬さを治すためのストレッチの方法は同じです。

以下に示すストレッチの方法で、筋肉の硬さをチェックして、

左右差があったり、

「硬いな」、「伸びにくいな」、と感じる方は、

しっかりとストレッチをしていただければ良いかと思います。


しかし、人それぞれ筋肉の硬さは異なります。

また、くれぐれも痛みが出るくらいまで無理に動かさないように気をつけてください。

では、ストレッチ方法(硬さのチェック方法)を紹介していきます。


■お腹、背中の横を伸ばすストレッチです(主に腹斜筋)
上向きに寝た状態から両膝を立てます。
ゆっくり横に倒していきます。
横に倒したら力を抜きましょう。


回旋ストレッチ


■背中の後ろを伸ばすストレッチです(主に脊柱起立筋)
座った状態から猫背になるように、ゆっくり腰を丸めましょう。
元に戻す時には腰を反りすぎないように注意しましょう。

前後傾



■座って背中の横を伸ばすストレッチです(主に広背筋、腰方形筋)
伸ばしたい反対側へからだをゆっくり倒します。

側屈



■立って背中の横を伸ばすストレッチです(主に広背筋、腰方形筋)
伸ばしたい反対側へからだをゆっくり倒します。

立位側屈



ストレッチの時間の目安は、“1日概ね3分”です。

続けてではなくてよいので休憩しながら、ゆっくりおこなってください。

ストレッチの大切なところは、できるだけリラックスしてやることです。

痛いところまで無理してやる必要はありません。



いかがだったでしょうか?

左右の違いや、背中の筋肉の硬さなど感じられたでしょうか?


「硬いな」と感じる方は、ぜひストレッチをやってみてください。


これだけで変形性股関節症が予防できるというわけではありません。

背中の筋肉が硬いことも原因の1つとして考えられるということです。



スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する